So-net無料ブログ作成

「ぶざまな人生」勢古浩爾 [それでもどっこい生きてます]

「人生ってのはどうしようもないもんさ」でもなく、「人生ってすばらしい!」でもない本。
有名人や成功した人が書く「大企業向けの人生論」ではなく、そこいらの人にも役立つ「「中小零細企業」向けの人生論」と筆者はまえがきで述べています。
文章はライトで辛辣、かつとても率直な物言いなので「そこまでいうのか!」と笑ったり唸ったりしてしまいました。
「偽善は次善である」という項目がよかったです。
「人には親切にしなければならない」「人を差別してはならない」などなどの、「~しなければならない」という誰かから植え付けられた呪文を振り払って自分の頭で考えたい。でも気を抜くとすぐ足元をすくわれてしまいます。
この本を読んで「そこまでいうのか!」と思ってしまうのは、自分がそこまで言わないし考えもしないという証拠です。
それは自分が筆者より善人だったり常識人だったりするからではなく、自分に対して不誠実だからに他なりません。むむむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0