So-net無料ブログ作成

「「アメリカ抜き」で世界を考える」堀武昭 [それでもどっこい生きてます]

「南太平洋のグローバリゼーション」と題した章で、それまで自給自足経済しかなかったパプアニューギニアに日系企業の工場が出来て、現金経済に切り替わり、急速に社会が変化していくさまを追ったレポートが大変刺激的。
明治維新後の日本や、いままさに中国で起こっているのは、こういう変化なんでしょう。

生きていくことを考えれば自給自足で問題はなかった、ただお金を中心にした経済が入り込み回り始めると自給自足経済との両立はなりたたない。
「怒りの葡萄」を読んだときに感じた圧倒的なまでのカネの力。
今の時代に生まれて生きると、こうした「なぜいまはこうなんだ?」という基本的なことを考える暇なく、生きていく方法を習うのに必死になってしまうんですよね。

だからといって、武者小路実篤の「新しき村」ではないですが、自給自足の生活に戻るべきだ、というのはちょっと違うとも思います。あこがれはしますが。

アンチグローバリズムにせよ、非覇権主義にせよ、はたまた共産主義にせよ、左翼運動にせよ、極端な方向はうまくいかないと思うのです。
だってみんなそういう「運動」が好きなわけじゃなく普通に生きて生きたいダケですからね。
あわせて言えば、こういうことは自分で考えることを基本にするしかないわけでして、それがなくなった瞬間にすべては「全体」に飲み込まれてしまうと思うのです。古い全体にせよ新しい全体にせよ。
そういう自覚があればあるほど、こういうコトは大きな流れにはなかなか繋がらないのですよね。

だから、せめてこういうところでつらつらと文章を書くことで、「実はこういうこと考えてます。うっしっし」っていうことぐらいは必要かなぁと思うわけです。誰か共感してる人がいると良いなと思いつつ。

作者の思いが強く出てる本で、ちょっと偏りは感じつつも、なかなか良い本だと思います。
強引に答えを出そうとせずに、あれこれ寄り道しながら迷っている感じもいいかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1