So-net無料ブログ作成

九州旅行六日目(霧島、宮崎) [それでもどっこい生きてます]

24日
今日はニニギノミコトが祀られている霧島神宮がある霧島地方へ。
鹿児島から2時間ほどでついたものの、高山地帯のため12月後半は雪が積もってて霧島の周りの観光は無理とのこと。むむむ。
とりあえず、霧島神宮へはバスでいけたので、神宮のみの観光に切り替え。しかし寒い。

霧島神社は広くもなく狭くもなく普通の神社。

あっとまに見るところがなくなったので、そうそうに駅に戻り、宮崎行きの急行を待つ。本当は色々見るところがあるので、今度また春先にでも来たいところ。

急行を待つ間、駅の近くに足湯があったので、そこで30分ほど寒空の中、足を暖めつつぼーっとする。

特急に乗り込み宮崎までは2時間ほど。福岡、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分と、九州の主要都市は、特急を使えば大体二時間ぐらいで繋がってるみたい。便利。

霧島観光が早めに終わってしまった分、宮崎での観光めぐりに当てる、、、つもりが、宮崎についたあたりでなんか体調が悪くなりはじめる。
足湯に長く浸かってたせいか、風邪をひいたらしい。

とりあえず、駅で風邪薬を買って飲み、まだ大丈夫そうだったので、宮崎神宮、宮崎県総合博物館とまわる。
宮崎神宮は、初代天皇の神武天皇が祭られている神社。大きさは普通。

宮崎県総合博物館は、よくある地方の博物館。
手作り人形の企画展が24日までだったらしく、結構混んでいる。人形は人情味あふれるものですばらしい。
常設展も自然の成り立ちに焦点を当てたものと、歴史に焦点を当てたものに分かれていて、周りやすい展示になっていた。子供が見ることを良く意識していて、文章とかの説明はなるべく少なく、実物をたくさん展示していたり、実際に触ったり動かしたりできるものが多かった。

・・・と、この辺で、体調は悪化の一途をたどり、歩くのもかなり辛くなってきたので、午後4時には早々に駅近くのホテルに退散。
コンビニで軽い食事と飲み物を大量に買って、水分大量補給&とにかく寝て回復作戦を敢行。
普通に歩けるぐらいには回復しないと明日はない。
フロントで毛布も借りて、とにかく寝る寝る。
クリスマス向けの心温まるNHKの人形劇と、「イブですから」とフロントでサービスでもらったチョコを横目に、熱で唸りながらも、とにかく寝る寝る寝る。。。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0