So-net無料ブログ作成

「<想像>のレッスン」鷲田清一 [それでもどっこい生きてます]

流れるような文体、あふれ出す教養、クリアな論理。
でも、なにか物足りない。
別に薄っぺらいことを書いてるわけじゃないし、じっくり読めば深みもあるんですが、どうも、こう、表面がキレイすぎて、それに目(頭?)がいってしまって、薄味な印象です。
後半の、予定された未来を切り離したいから人は旅に出る、みたいな話はよかったです。

「現在はことごとく未来に呑み込まれてしまっている。現在が未来に拉致されているのだ。すべてが先送りされる生活。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0