So-net無料ブログ作成

「ハードワーク」ポリー・トインビー [それでもどっこい生きてます]

現在のイギリスの低賃金労働の体験レポートと言った感じの本。
「今のイギリスにはこんなに所得格差がある!」、まぁ、想像されたそのままの本です。ちょっと内容は薄かったかも。

訳者のあとがきで「機会不平等(斉藤貴男)」「封印される不平等(橘木俊詔)」が取り上げられていて、どちらも読んでイマイチだったので、なんか納得してしまった。

「平等」というのは、元々興味がある話題ではあるんで、たまに本を買うけど、どれもイマイチなことが多いです。どれも、ちょっと教科書的で、本当の言葉に感じない。本当の叫び声が聞こえない。書いている人はそうは思ってないでしょうけれど。
でも、今みたいな競争社会が、どんどん過酷になっていくことを想像すると、このままじゃイカンのじゃなかろうか、と思うのですよね。
なんてったって疲れるから。。。

かといって、世界同時革命やら共産主義が良いとも思えないしなぁ。(あまり知らないけど)
むむむ。

~~

寝ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0