So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

鬱と復職 [それでもどっこい生きてます]

一つぐらい書いたかと思ってましたが、今年はまだ記事を書いてませんでした。

今年は公私ともに色々なことがあって、なかなか大変な展開なのですが、その一つに仕事で軽い鬱になったことがあります。

年末から4月ぐらいまで激務が続いていたことがひとつの引き金になって、会社にいけなくなり、一ヶ月休職したのです。

初めての心療内科は拍子抜けするほど軽い雰囲気で、行くまでの抵抗感はなんだったんだろうか、と思うほどでした。

幸い投薬は一ヶ月で切りあげることができ、不眠や強い不安感がなくなったので復職、その後は、週一回のカウンセリングだけ受けています。
カウンセリングは、臨床心理士さんとの相性もいいのか、いまのところいい感じで進んでいます。

しかし、お金を払って自分の話を聞いてもらうってのは、なんか不思議感じもしつつ、よくできた仕組みだな、とも思いました。
基本的にアドバイスや意見はほとんど言わないでもらって、自分が感じていること、考えていることを聞いてもらっているのですが、それでも一人で考えるより楽ですね。

このブログでもたまに書いてますが、基本は自分の調整は自分でしたくて、本を読んだり、なんか行動したりしてるのですが、一人でやる限界も感じていたので、今回、治療に繋がったのを良いきっかけにしている感じです。

まぁ、当然、簡単に何かよくなったり、考え方や感じ方の癖が治るわけではないのですが、それでも自分のしんどさ、辛さを回避するコツみたいなものは、少しずつですが見えてきている感じがします。

あと、カウンセリングでトラウマ的な話も少し出るわけですが、その辺を深掘りしてもあまり良いことはないのかもなぁ、と、今は思っています。

しんどさの原因とか、理由とか、知りたい気持ちもあるにはあるんですが、それはそれ、これはこれで、とにかく、今まさにしんどい気持ちになったり、パニックになったりしている自分を受け入れつつ、落ち着かせてなだめていくことの方が、今の自分には効果的だなーと。

ゆっくり呼吸をして緊張感をとくだけでも、ずいぶん楽になるんですよね。

ああ、これがリラックスってことか、と、変な納得をしているところです。
自分が思っているよりすごく緊張して生きてきたのだなぁ、と。

あと、これはあまり書きたくないけど書くんですが、実は鬱になって、「ああ!鬱になった!」って少し安心したんです。「これで休める」って思ったのと、なんかの仲間入りをしたような気分になったんです。

ああ、書いちゃった。

認めたくないけど、そんな感情がありました。

認めたくないことを含めて、なんだんだろうなーと思ったりしています。

嫌だと感じている状態が分かること [それでもどっこい生きてます]

そういえば、橋本治の本を読んでて、自分が嫌だと感じている状態が意識できることは、とても大切なんだなと、改めて思いました。

なかなかわからないんですよ。

自分が嫌だと感じていることが、とても意識しづらい。

これは、当分続きそうな課題で、もしかしたら一生モノの課題かも知れません。

それでも、少しづつでも嫌だと意識できる様になることは、たぶん、とても重要な気がしています。

昔の橋本治の本 [それでもどっこい生きてます]

ここ最近、昔の橋本治の本を読んでるのですが、もっと早く読めばよかったと思う気持ちと、今読むから分かるんだろうなという気持ち、両方があって、とても楽しいです。

新しい本だけ読んでいると漠然としかわからなかったことが、昔の本を読むことでもっとはっきりしてくるような感じが味わえます。とても不思議。

そんな中でひとつ言えそうなことは、橋本治はずっと橋本治流の方法で人を愛することを実践してきたんだな、ということです。
今の視点からみると、すべてが必然に見えたり、「橋本治だから」と思えるかもしれないけど、それは大変な困難を伴った実践だったんだろうなと思えます。

だから、なんというか、自分も自分流の方法で人や世の中を愛していけばいいのかな、と思ったりします。

糸井 重里, 橋本 治
光文社 ( 1984-10 )
ISBN: 9784334700362





いまのところ120冊 [それでもどっこい生きてます]

ブログは全然更新してないですが、【ひげたま書棚】の方はマメに登録を続けていて、今見たら、今年の登録数は120冊みたいです。

設定を読了にするのはめんどくさくてやってないのですが、だいたい登録した本は読んでいるので、読了数は100冊は超えてると思います。

ちなみに、1年分の記録が残っている範囲だと、
2010年 54冊
2011年 112冊
2012年 61冊
2013年 38冊
2014年 86冊
という感じで、登録をしてなかった期間があった気もしますが、それでも、今年はなかなか多い読了数の様です。

・・・という生存報告でした。

そういえば会食恐怖症の記事 [それでもどっこい生きてます]

前に書いた、【2014-03-17:会食恐怖症を(ほぼ)克服したこと】という記事があるんですが、この記事を検索で見てる方が多くて、少し驚きました。

私の場合、幸いほぼ乗り切ったわけですが、結構、同じ苦労している人がいるのかなーと。

それぞれの方が、自分なりにできることが見つかるといいな、と思います。

前の5件 | -